債券について解説します

このサイトは、企業や国家(政府)などがお金を借りるときに発行する債券の種類について紹介していきます。債券にはさまざまな種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。
発行者と投資家にとって有利不利な点がその種類によって異なるのです。債券の発行者はその利回りであるクーポンを債券を購入した投資家に払うことになりますので、クーポンが高く設定されていればその分支払う金額は大きくなります。

一方で、クーポンが発生しないようなものもあり、その場合には債券が満期を迎えて額面が変換される償還の際に受け取ることができる金額よりも安い額面で販売するなどしてバランスをとります。もちろん額面と購入価格の差がありつつも、利息も発生するという両方を組み合わせたものもあります。


債券とはどのようなものか

債券とは、政府、地方公共団体、株式会社、特別の法律によって設立された法人などが公衆に対して集団的に負担する債務。またはその債務に対して発行された有価証券のことを指す。公社債と同じ意味で使われる。 1対1の相対関係ではなく、1人の債務者が通常多数の債権者の集団に対して負担するものである。このため発行できるものが限定される。もっとも責任関係が明確なのが個人であるが、現在のところ債券を発行することができない。
上記は、債券とは| 証券用語辞典から引用